トップページ | 長命草の特徴2 »

2012年10月13日 (土)

長命草の特徴

長命草は与那国島の過酷な環境で育つ「奇跡の植物」って
言われているんです。

長命草は与那国島の切り立った岸壁に自生する生命力の
強い植物なんです。
日本の最南端である与那国島の食生活や文化に深く根を下ろし
500年以上にわたって人々の健康を支えてきました。

強烈な日差しと、吹きつける潮風に耐える強い生命力は
栄養素の宝庫でもあります。

太陽からは豊富なポリフェノールが育まれ、
潮風が吹きつける土壌ではビタミンや食物繊維など
大自然から吸収した栄養成分を葉に蓄えています。

嬉しいことに、現代人に不足しがちな栄養の数々が
バランス良く含まれているんです。

たとえば、食物繊維はキャベツの5倍以上。
プルーンの6倍の鉄分が含まれています。

⇒長命草の詳細はこちらからどうぞ

トップページ | 長命草の特徴2 »